ストレートネック改善の姿勢とウォーキング、枕は効果的なのか

この記事は約 8 分で読めますよ。

スマホやパソコンなどの影響か、首がまっすぐになるストレートネックが増えていると言われていますよね。

首はS字みたいにやや後ろに曲がっているのが本来の状態なので、首がまっすぐだと筋肉など色々なところに悪影響が出ます。

ストレートネックはなかなか改善が難しい症状ですが、どのように改善するかは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、ストレートネックを改善する姿勢についてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. 姿勢で気をつけたいポイントは?
  2. どんな感じにウォーキングすれば?
  3. 枕で簡単にストレートネックを改善できないの?

ストレートネック改善のための姿勢は?

仕事でパソコンを使ってきた、元々ゲームが好き、スマホでゲームをやる機会が増えたなどの理由で、私もストレートネックになってしまいました。

健康診断などで身長を測る時、アゴが上がってしまって、アゴを引いて後頭部を柱の部分につけようとするだけでも痛いって有様でしたね。

まだ完全に改善はしていないのですが、だいぶ楽になってきたので実体験をベースにくわしく書いていきましょう。

個人的に最も効果があったと感じたのは姿勢の改善ですが、これは最初にやった時にはあっさり挫折しました。

ストレートネックは首の異常だから、アゴを引くように意識すればいいんじゃないのってことでやりはじめたのですが、最初は慣れずにやめてしまったんですよね。

姿勢のポイントは首だけじゃなく体全体で考えることで、最初はストレートネックのことを無視して姿勢を改善するよう意識したいところです。

私の場合、椅子に座ると自然と背もたれに背中がベタってつくくらい、体を支えることができていなかったんですよね。

こういう状態で首を何とかしようとしても無理だったので、まずは座った状態の姿勢を改善します。

ポイントはお尻で、お尻の後ろ側に体重がかかっているような状態は正しい姿勢ではありません。

いわゆる骨盤を立てるってやつですが、正座をすると分かりやすいですが、正座の姿勢で(服の上から)手をお尻の下に当てると出っぱっている骨があると思います。

それが坐骨で、この坐骨の上に体が乗っているくらいに意識すると姿勢がまっすぐになるはずです。

背中とか腰については特に意識しなくてもOKで、最優先で意識したいのは坐骨なんですよね。

それでも、最初は自然と体が後ろに倒れてくるかもしれませんが、1週間くらいは体をまっすぐに立てることのみを意識してください。

この姿勢ができてから、今度はアゴを引いてストレートネックを改善していくわけですね。

ストレートネック改善のウォーキングって?

ストレートネックだとアゴが上がりやすく、逆にアゴを引けばOKなのですが、これが意外と難しくて、私も完全にはマスターできていません。

どうして難しいかですが、アゴを引くと意識するとただ単に下を向いているだけになりがちなんですよね。

これはストレートネックの改善にはつながらないので、どちらかと言えばアゴではなく首を引くって意識を持ちたいところです。

まずアゴを軽く引いて、そこから首の裏側を斜め下に向かって引くイメージで私はやっています。

アゴを引くだけだと視線が下がってしまう場合が多いですが、首を引く感じで意識すると視線がまっすぐのままでキープできるんですよね。

視線がまっすぐってのは重要なポイントだと考えていて、視線がまっすぐからズレるほど筋肉には負担がかかりやすい気がしますから。

ただ、最初はかなりつらくて、首が本当に痛くて苦しいですから、厳しい場合は軽く意識するところから始めてください。

私は無理やりに我慢しましたけど、首を引くイメージで歩くとなかなかの不快感がありましたから。

最近は慣れてきましたけど、それでもまだ痛みはありますので、痛みが出ない範囲でやることをおすすめします。

この首を引くイメージの姿勢は座っている時、歩いている時のどちらでも意識した方がよくて、正しい姿勢を意識しつつウォーキングするのもおすすめです。

最初はすぐにアゴが上がってしまいますから、スピードはゆっくりで大丈夫なので姿勢の方を意識したいところですね。

私も完全にはできていなくて、30分ほどのウォーキング中に何回か首の位置を整えています。

スポンサーリンク

ストレートネック改善枕ってどうなの?

「もっと簡単にストレートネックを改善したい!」って声が聞こえてきそうですが、ストレートネック改善の枕ってのがありますね。

私だって楽にストレートネックを改善したいと思っていましたから、試してみたことがあります。

ただ、私の場合は今ひとつ効果がなくて、最終的に姿勢を改善することでどうにかしました。

検証をしていない以上、ストレートネック改善の枕が全て効果がないとは言えませんけど、やっぱり効果は薄いんじゃないかなとは思います。

私は割と寝相が悪い方で、よく頭の位置が変わるってのが原因な気もしますが、こんな感じで枕の影響をどのくらい受けるかは個人差がありますから。

ただ、バスタオルを使ったタオル枕は試してみる価値はあるかなと思っていて、うまくいけば楽にストレートネックを改善できるかもしれません。

最終的には姿勢も改善したいところですけど、ストレートネックがひどい状態と、改善された状態ではしんどさにだいぶ差が出ると思いますからね。

バスタオルを使ったタオル枕については「Work Switch」さんの記事でくわしく解説されているので、ぜひチェックしてください。

おすすめ記事

まとめ

個人的に、ここ数年くらい背中の痛みに悩まされてきましたが、これもストレートネックが原因かなと思っています。

ストレートネックの改善はなかなか難しいですけど、姿勢を意識することで改善していくはずですよ。

この記事のポイント
  • まずはストレートネックの改善ではなく、座る時の姿勢から改善したい。
  • ウォーキングでも座る時も、アゴを引いた上で首を後ろに持ってくるようにしたい。
  • ストレートネック改善の枕の効果は未知数だが、バスタオルを使った枕は試してみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする