お花見デートの持ち物と必需品、お弁当は用意するべきなのか

この記事は約 8 分で読めますよ。

春の恒例行事の1つがお花見ですが、桜を見にいくお花見デートは風情がありますよね。

昼間の桜を見にいくにしろ、夜桜を見にいくにしろ、キレイな桜を楽しみつつ2人の距離を縮められるでしょう。

一方で、普通のデートと比べるとお花見デートは準備がやや面倒ですので、そのあたりの注意点は気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、お花見デートで用意しておきたいアイテムについてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. ピクニックデートで用意したい持ち物は?
  2. 夜桜デートで欠かせない持ち物は?
  3. お弁当はお花見デートで用意したいの?

昼間のお花見デートの持ち物って?

こちらの記事では昼間のピクニックデートのようなデート、夜の夜桜デートについてくわしく書きました。

同じお花見デートでも、どちらを選ぶかで持ち物もだいぶ異なってきますが、まずはピクニックデートの方からですね。

ピクニックデートで欠かせないのはまずレジャーシートで、これがなければ始まらないくらいです。

できれば薄いレジャーシートではなく、厚めでクッションのような感じに仕上げられているレジャーシートがおすすめですね。

春って割と天気が不安定ですから、地面が濡れているってことも十分にありえますし、天気がよくても場所によっては薄いレジャーシートだと不安が残ります。

スポンサーリンク

あとはウェットティッシュもほぼ必須で、公園でのデートでは汚れ対策もしっかりとしておきたいですね。

水筒で何か飲み物を用意するにしても、水筒なしの場合も、紙コップを用意しておくと便利ですから、こちらもほぼ必須です。

そして、これはデートに直接は関係してきませんけど、ゴミ袋を持っていくことをおすすめします。

渋谷のハロウィンが代表的ですけど、イベントのあとはゴミだらけになるなんて珍しくありません。

周囲がゴミをいい加減に処理しているから自分もそうしてOKってわけではなく、そこはしっかりとゴミを処理してください。

デートに誘った相手がそのあたりを気にする方で、ゴミを適当に処理する姿を見てドン引きするなんて可能性もありますし、ゴミ袋は必須ですよ。

普通にゴミを捨てられる場合はゴミ袋はなくてもOKなのですが、お花見の名所だとゴミ箱があってもまともに使えないと思っておいた方が無難ですね。

あとは、季節的にまだまだ寒く冷えやすいですから、使い捨てのカイロを持っておくと安心ですよ。

女の子の方が寒がる可能性は高いので、女の子を誘う場合はブランケットなど軽く体にかけられるものを用意しておく心づかいがあるとよりグッドですね。

上で紙コップについて触れましたけど、できればあわせて温かい飲み物も用意しておきたいところです。

お花見の夜桜デートの必需品は?

夜桜デートだとまた話は別で、基本的にはレジャーシートを敷いてのデートはおすすめしません。

相当に暖かい場合は候補に入りますけど、とにかく夜は寒さがきついのでデートどころではありませんから。

だから、夜桜デートはクリスマスのイルミネーションを見にいく時みたいに、歩きながらライトアップされた夜桜を楽しむって感じが基本ですね。

そのため、上の段落で書いたピクニックデートとは違って、レジャーシートとかゴミ袋とかはなしでもOKです。

大きな家庭用のゴミ袋はなしでも大丈夫ですが、スーパーのビニール袋のような大きめのビニール袋は持っておくと役立つはずですよ。

紙コップは判断に困るところではありますけど、温かい飲み物を用意していく場合はあった方が安心ですね。

ウェットティッシュは夜桜デートでも必須……というより、屋外でのデートでは必須なので用意しておきましょう。

そして、ピクニックデートでは「あると安心」レベルだった使い捨てカイロはほぼ必須ですね。

相当に着こんでいけば大丈夫かもしれませんが、それだと人混みでは動きにくく感じますから。

ブランケットについては何とも言えないところで、夜桜デートだと座る機会がどれくらいあるか未知数ですからね。

ベンチのように座るところがなくてほぼ歩きっぱなしなんてこともありますし、ピクニックデートよりは出番が少ないかなと思います。

お花見デートはお弁当がおすすめなの?

ピクニックデート、夜桜デートの持ち物を紹介してきましたが、あえて後回しにしていたものがありますね。

夜桜デートだと出番はないかもしれませんが、ピクニックデートの雰囲気を盛りあげてくれるのがお弁当です。

お弁当じゃなく、屋台で食べあるきをするって手もあるので必須ではなく、お互いに料理に自信がない場合は無理はしないのが無難ですよ。

……お花見デートではありませんが、個人的にはデートのお弁当でちょっと苦い思い出がありますし。

今は百貨店などでお花見のお弁当を販売しているところも多いですから、購入してきたお弁当って選択肢もありますよ。

どうしても手作りで相手をもてなしてあげたい、そんな場合はお弁当の形ではなく、サンドイッチの形がおすすめですね。

お弁当の方が人気はあるかもしれませんが、サンドイッチは食べやすいのでお花見に向いていますし、料理の腕もそこまで求められないですから(ハードルは低めな代わりに奥は深いですけど)

たまごサンド、ハムサンドなどの定番のサンドイッチでも、外で食べると雰囲気の補正もあって新鮮に感じられるので、ぜひサンドイッチを試してほしいと思います。

おすすめ記事

まとめ

お花見デートに行く機会ってそう多くはないので、意外と準備で戸惑うことが多いんですよね。

どんな感じのデートかで持っていくものはだいぶ異なりますので、この記事を参考にしてほしいと思います。

この記事のポイント
  • ピクニックデートではクッションレジャーシートや紙コップなどが必須。
  • 夜桜デートではウェットティッシュや使い捨てカイロなどが必須。
  • お弁当は無理に作らなくてもOKで、手作りの場合はサンドイッチがおすすめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする