お盆の意味と由来、お墓参りや施餓鬼法要についての解説も

この記事は約 6 分で読めますよ。

お盆には帰省してご先祖様の霊をお迎えするものだ、そのような教えを受けている人も多いですよね。
お盆がどういう行事なのかはよく知られているのですが、意味とか由来ってあまり語られることが少ない気がします。

お盆の意味と由来には、中国が大きく関係していた

お盆は仏教由来の行事ですが、実はお盆のような行事は日本以外ではほとんど見られません。
中国には鬼節と呼ばれる行事があり、冥土の鬼の魂が現世に出ていく日とされているのです。

鬼と聞くと恐ろしいものを思い浮かべるかもしれませんが、これは日本人がイメージする鬼とは違い、霊的な存在と捉えるとよいでしょう。
中国の鬼節は日本のお盆に非常によく似ていますが、それ以外の国ではお盆のような行事は少なく、あっても一部の地域で行われているくらいなんですね。

日本のお盆は仏教由来ではあるものの、中国で行われていた鬼節の影響も強く受けています。
そもそも、今は普通にお盆という言葉が使われていますが、実はお盆は略された言葉で、盂蘭盆会(うらぼんえ)というのが正式名称ですね。

梵語こと、インドのサンスクリット語で逆さ吊りを意味しているウラバンナという言葉を、日本語に当てはめたものです。
仏教を開いたのはお釈迦様ですが、その内弟子で修行により神通力を得た目連という人がいました。

この目連の実の母、青提女(しょうだいにょ)は今でいう悪徳商法に手を出して息子を育てていたのですが、死後に餓鬼道に落ちます。
死後の青提女の様子を神通力で確認した目連は、逆さ吊りで苦しんでいる実の母を目にして、お釈迦様に相談するのです。

お釈迦様から「多くの人に施しをすれば母親にも施しが口に入る」と告げられた目連は、7月15日に僧侶のために多くの食べ物を用意しました。
この逸話から盂蘭盆会、つまりお盆は先祖や両親に感謝を捧げ供養する行事となったわけですね。

よい話だなと思われた人もいるかもしれませんが、ここまでの話を全てひっくり返すような続きがあります。
本当に恐縮なのですが、この目連の逸話は仏教に伝わっているものではなく、中国で後に作られたものです。

神通力に優れていた目連という人物は実在したのですが、その母親である青提女に関する話は後付けなんですね。
中国で作られた逸話が日本にも入ってきて、現代でも続いているお盆という文化が生まれたわけです。

スポンサーリンク

地域の風習によって細かいところはやや違うものの、それでも先祖を迎えるという点は同じですね。
由来を知るとちょっと肩透かしのように感じるかもしれませんが、古代からずっと続く伝統行事として大切にしていく必要はあると思いますよ。

お盆のお墓参りの意味は

地域の風習によって行事の内容は変わるものの、お墓参りはお盆には欠かせないものです。
お墓参りに2回行くことを疑問に感じるかもしれませんが、お盆はご先祖様が現世に帰ってくる時期です。

そのため、お盆の初日の8月13日にはお墓参りをしてご先祖様を迎えに行き、一緒に自宅に戻ります。
そして、お盆の終わりの8月16日には再びお墓参りをし、ご先祖様を送るという意味合いがあるのです。

ご先祖様を迎え入れる8月13日は迎え盆、ご先祖様を送る8月16日は送り盆と呼ばれていて、本来はお墓参りを迎え盆と送り盆のそれぞれにするものです。
ただ、現代では迎え盆の日にだけお墓参りをする、迎え盆や送り盆とは関係なくお盆の期間内にお墓参りをする、という人も多いですね。

お盆の施餓鬼法要はどういう意味があるのか

お盆の時期に行われるのが施餓鬼法要で、これもお盆の一環であると勘違いしやすいので、実はそうではありません。
施餓鬼法要は餓鬼の供養のための法要ですが、餓鬼とは餓鬼道に落ちてしまった無縁仏のことを指しています。

餓鬼道は目連と青提女の話でも出てきましたが、仏教で定義されている6つの世界の1つのことです。
生きている人たちがいるのは人間道、神々や天人がいるとされているのが天道、欲望を抑えられない修羅による戦いが繰り返されているのが修羅道ですね。

修羅道は非常に悪いものに感じると思いますが、人間道と天道と修羅道の3つは三善道と呼ばれています。
残りの3つは三悪道と呼ばれていて、地獄という言葉でお馴染みの地獄道も三悪道の1つですね。

三悪道の残りの2つは畜生道と餓鬼道で、畜生道は名前の通り畜生による本能のままの世界、餓鬼道は飲食ができずに苦しむ世界です。
他人を慮れない人間が餓鬼道に落ちる例もあるとされていますが、この餓鬼道に落ちた無縁仏を救うために施餓鬼法要は行われています。

お盆の時期にはお盆の法要、施餓鬼法要をやるお寺が多いので勘違いしやすいのですが、施餓鬼法要の方は明確に期間が定められているわけではありません。
ただ、お盆の時期には人が集まるので、お盆の法要と施餓鬼法要を両方やるところが多いのですね。

おすすめ記事

まとめ

毎年の帰省ラッシュにめげずに帰省するのはなかなか大変なので、これからお盆の形態も少しずつ変わっていくのかなという気はしますね。
どのような感じになるかは予想がつきませんが、お盆の文化はこれから先も残っていくと思いますよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする