重陽の節句の菊の意味は、着せ綿に選び方や使い方も詳しく解説

この記事は約 9 分で読めますよ。

9月9日の重陽の節句は菊の節句とも呼ばれていますが、どうして菊が出てくるのか気になりますよね。

重陽の節句とはどういうイベントなのか、何をすればいいのかなど詳しく解説していきます。

重陽の節句と菊の関係性や意味が知りたいんだけど?

私自身も9月9日に何かをした記憶は全くなくて、重陽の節句という行事があるという事実すら大人になるまで聞いたことがありませんでした。

以前に書いた七夕の記事でも記載しましたが、節句とは季節ごとの節目の日のことで、宮廷では節会(せちえ)と呼ばれる宴会が行われていたんです。

江戸時代、幕府によって以下の5つの節句が正式に定められて、これが現在まで受け継がれているんですよね。

5つの節句
  • 人日(じんじつ)の節句 1月7日
  • 上巳(じょうし)の節句 3月3日
  • 端午(たんご)の節句 5月5日
  • 七夕(しちせき)の節句 7月7日
  • 重陽(ちょうよう)の節句 9月9日

上巳(じょうし)の節句もちょっとなじみが薄いかもしれませんが、こちらは和名の桃の節句とか雛祭りの呼び方の方が圧倒的に有名ですからね。

人日(じんじつ)の節句の和名は七草の節句であり、1月7日の七草粥を食べる日のことです。

重陽の節句は和名では菊の節句であり、菊の花を飾るなどして邪気を払ったり不老長寿を願う行事が昔から行われてきました。

「9月9日と菊の季節って少しずれているんじゃないの?」って感じられたかもしれませんが、旧暦だとちょうど菊の季節とピッタリなんですね。

現代で使われている新暦では10月上旬くらいが重陽の節句の日にあたりますが、これはそんなに気にしなくてもいいと思いますよ。

それを言い出したら桃の節句の3月3日も端午の節句の5月5日も、七夕の節句の7月7日も旧暦での話なので、新暦だとかなりずれるんですよね。

しかし、実際には3月3日と5月5日、7月7日にそれぞれの節句が行われているように、節句は新暦でもそのままの日付に置いておくのが一般的です。

七夕の場合、国立天文台が旧暦の7月7日を伝統的七夕と呼んでいますし、旧暦の日付に合わせて約1ヶ月遅れて節句を祝う地域もあります。

ただ、重陽の節句に関しては、旧暦と新暦による日付のズレで菊の時期と少し離れてしまったこともあって、現代ではあまり行われない行事になってしまいました。

そのため、旧暦はあまり気にせず、新暦の9月9日が重陽の節句と考えても特に問題はありませんよ。

重陽の節句の菊の着せ綿って何なの?

上の段落で重陽の節句は邪気を払うものだと書きましたが、他には不老長寿とも関係しています。

そもそも、どうして邪気を払う必要があったのかですが、まずは奇数と縁起について説明しないといけません。

これは中国の陰陽思想に基づくもので奇数は陽数、偶数は陰数と分類されていたのですが、いつからか漢字のイメージから陽数の奇数が縁起がいいもの、陰数の偶数が縁起が悪いものと捉えられるようになったのです。

それなら9月9日はとても縁起がいいって思われてもおかしくはないのですが、実際には陽数で最も大きな数字が重なっているので、陽が強すぎて逆に不吉だと思われていたんです。

何で「重陽」の節句なのかというと、陽数が重なっている日なので「重陽」というわけですね。

最初は「縁起が悪い」とか「不吉」ってイメージを何とかするための行事として広まりましたが、後々に陽数が重なるのはとてもいいことなんじゃないかって考えの方が広まって、重陽の節句は純粋な祝い事になりました。

邪気を払う的な意味合いもあるのですが、どちらかと言えば菊を使って長寿を願う日ですね。

周の時代、慈童(じどう)という少年が菊の露により仙人になり、700年生きたとされる伝説が中国にはあります。

この話は現在でも能の演目として「菊慈童」や「枕慈童」の名前で演じられていますが、ともかくそのあたりにあやかって菊が使われてきました。

実際、菊は古来より薬草として用いられていて、菊の花は漢方の生薬としての側面もあるんですよ。

現代では、重陽の節句に何かをする家庭などそう多くはないので何をするのかイメージがわかないでしょうが、菊の着せ綿は「源氏物語」でお馴染みの紫式部が歌を詠んでいますね。

旧暦の9月8日の時点から菊の花を綿で覆って、重陽の節句の当日に菊の露が染みこんだ綿を顔に当てる、これが菊の着せ綿です。

菊の着せ綿は不老長寿を願うために行われていましたが、先に書いた慈童の逸話が関係していることはまず間違いないと思われます。

スポンサーリンク

重陽の節句の菊の選び方や使い方って?

また、重陽の節句は秋の収穫祭のような側面もあって、秋ならではの食材が使われるのも特徴ですよ。

菊の節句らしく食用菊を使った酢の物やおひたし、それに栗ご飯や秋茄子なども定番ですね。

秋茄子と言えば、こちらの記事では「秋茄子は嫁に食わすな」について考察しているので宣伝しておきます。

重陽の節句と栗に直接的な関係はないのですが、民間では重陽の節句のことを栗節句と呼ぶこともありました。

茄子は野菜の中でも好き嫌いが分かれる方ですが、栗は甘みもあってそこまで好き嫌いがなさそうな食材ですし、9月9日には栗ご飯を作るなんてのもいいですね。

食べ物以外だと菊を湯船に浮かべてお風呂に入る菊湯、菊を詰めた枕で眠る菊枕も定番なのですが、現代でやりやすいのは菊湯ですね。

もし菊湯をやる場合、どの菊ならいいとかどの菊ならダメとか特に決まりがあるわけではありません。

今は昔と違って色々な菊が販売されていますので、定番の黄色以外の菊でも問題ありませんよ。

白色の菊はどうしても死をイメージさせてしまいますので、白色の菊はちょっと菊湯には向いていないかなとは思いますが。

最初の方で七草粥の話題が少し出ましたが、秋の七草と春の七草の違いについてこちらの記事で解説しているので、ぜひチェックしてくださいね。


おすすめ記事

まとめ

重陽の節句は今でこそ非常に地味な扱いですが、かつては5つの節句の中で最も重要とされていました。

日本を代表する花である菊、その菊を使った風流な雰囲気を一度は体験してみるのもいいと思いますよ。

この記事のポイント
  • 9月9日の重陽の節句は菊の時期とはずれているが、旧暦ならピッタリと合う。
  • 重陽の節句は中国由来で、菊の露を使った菊の着せ綿は不老長寿にいいとされてきた。
  • 栗など秋ならではの食材を使った料理、それに菊湯や菊枕は重陽の節句の定番。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする