私の体重が増えてしまった理由と、ダイエットに成功した理由

この記事は約 6 分で読めますよ。

体重が増えてきた、ダイエットしたい、これは悩みの中でも非常に定番なものですね。
私もダイエットを実践していて、一時期と比べれば随分と体重を落とすことに成功しました。

格闘技だったりストレスだったり

そもそも、どうして体重が増えてしまったかですが、これは単純に食べ過ぎという恥ずかしい理由です。
今はテレビの地上波で格闘技が放送されることなど少なく、たまにボクシングの試合を見れる程度ではないでしょうか。

ただ、1990年代後半から2000年代前半にかけては格闘技が人気で、K-1とかPRIDEなどがよく放送されていました。
私はスポーツ自体はそれほど熱心には見ていなかったのですが、格闘技は一瞬で試合が決まってしまうかもしれないという緊張感からすごく好きだったのです。

格闘技を見ていたら何となく自分が強くなった気がしてシャドーボクシングをする、これは経験した人も多いかと思います。
その程度で済めばよかったのですが、私の場合はより格闘家に近い肉体を目指したいと斜め上の発想をしたのです。

元々、それほど身長は高くもなく、筋肉の量もさほどなかったのですが、そんな状態から体を大きくするべくよく食べるようにしました。
当然ですがそんな簡単に体を作れるわけもなくて、需要と供給が完全に崩れた結果として体重が増えたわけですね。

筋トレやストレッチ自体はしていたのですが、食べる量の方が多かったので太ってしまったのです。
この話と前後するのですが、一時期すごくストレスを抱えていた時期があって、そのせいで食べる量が増えたのも問題でしたね。

私の場合、体を作ろうと思って増やしたのはあくまで夜食だけだったのですが、ストレスから間食が増えていきました。
特に問題だったのが夜中に甘いものを食べたり、柿ピーのようなお酒のつまみを食べたりしたことです。

私はお酒自体はさほど飲みませんが、スイーツやスナック菓子などの甘いものや、お酒の肴はすごく好きなんです。
イライラしていると眠る前であっても無性に何か食べたくなってきて、スナック菓子を食べて眠るといった酷い生活を続けていました。

シンプルに食事を減らした

そんな状態だったので当初の体を大きくするという目的はどこへやらで、体重はどんどん増えていき、70キロ超えどころか90キロに迫るまでになりました。
70キロくらいの時には体重計で量っていたのですが、引越しで体重計がどこかに消えてからは自分の体重すらよく分からないという有様でしたね。

スポンサーリンク

そのため、昔の正確な体重は今では分からないのですが、恐らくは最も重い時期で90キロ近くはあったと思います。
これは駄目だということでダイエットに取り組んで、3年ほどで20キロ以上を落としました。

色々なダイエット法があり、テレビでもリンゴダイエットだったりバナナダイエットなどが取り上げられては消えていった印象があります。
他にも、インターネットでは酵素ドリンクダイエットや糖質制限ダイエットなどが割と取り上げられている印象がありますね。

実際にはこれらのダイエット法を実践している人もいるのでしょうが、私のやり方はこれらとは大きく異なります。
単純に食べる量を減らす、基本的にはこれだけなのでダイエットと呼んでいいのかはちょっと疑問かもしれません。

そもそも、太るには原因があり、私の場合は筋肉などで消費される量よりカロリーの方が圧倒的に多かったのが大きな理由です。
太りやすい体質というのは、恐らくは栄養が脂肪に変わりやすいという意味合いだと思いますが、そのような体質でもカロリーの方が少なければやせるはずです。

食べ過ぎだから食べる量を減らした、これだけで私は体重を大幅に減らすことに成功しました。
ただ、やせたいと思っている人が同じように試してもうまくいくとは限らないと思います。

基礎代謝を意識しよう

食事制限はダイエットの基本ではありますが、逆に筋肉量が減って太りやすい体になる場合があります。
体内の栄養素が減れば脂肪も減りますが、筋肉も同様に減るので基礎代謝に悪影響が出るのです。

何もしなくても体の維持にはエネルギーを使う必要があり、この何もしなくても使われるエネルギーのことを基礎代謝と呼ぶのです。
食事制限により筋肉量が減って基礎代謝が落ちると、以前と同じ量を食べるだけでも遥かに太りやすくなります。

つまり、リバウンドでダイエット失敗という結果に陥りやすく、これが食事制限の難点です。
もっとも、実際に食事制限で筋肉量が落ちることはほとんどなくて、よっぽど食べる量を制限しない限りは気にしなくても大丈夫ですね。

筋肉量が落ちる最大の原因は運動不足なので、食事制限をしていてもなるべく体は動かす必要があります。
私の場合、筋トレやストレッチ自体は太っている時にもずっと続けていたので、これがダイエット成功に繋がったのでしょう。

ストレッチがどの程度の効果を発揮したかは不明ですが、筋トレはそれなりに効果があったと思います。
筋肉量自体はある程度はあったのに、それ以上のエネルギーを摂取していから太ったので、筋トレやストレッチはそのままで食事量を減らせば特に意識せずとも自然に体重は減りました。

食事制限は有効ですけど、同時に筋トレやストレッチで基礎代謝を上げておくのも重要です。

おすすめ記事

基礎代謝について詳しく知りたい人はこちらの記事へ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする