毎日の繰り返しがつまらないなら、仕事以外で趣味を見つける

この記事は約 6 分で読めますよ。

毎日毎日、同じことの繰り返しでつまらない、そんな風に考えている人は多いと思います。
主婦や学生の人もそんな風に感じているはずですが、個人的にはサラリーマンとして働いている人の顔が思い浮かぶのですよね。

毎日の繰り返しがつまらないのはホルモン的には当たり前

家族を養うために満員電車に揺られて会社に行く、会社で嫌なことがあっても我慢する、家に帰っても歓迎されるとは限らない、こんな感じのサラリーマン像って本当によくあります。
そもそも、毎日の繰り返しがつまらないのは当然のことで、これには男性ホルモンが関係しているんです。

男性ホルモンのテストステロンは男らしさに関わっていて、筋肉を増やすなら欠かせないんですよね。
でも、テストステロンはモテフェロモンって言われていて、テストステロンが多いだけで女性からモテるんです。

テストステロンが多いので女性からモテる、モテるから結婚する、結婚したので仕事を頑張る、これは全く不自然ではありませんよね。
でも、不思議とモテていた人でも家庭がうまくいかなかったり、仕事がうまくいかなかったりってことが多いんです。

どうしてこういうことが起こるか、それはテストステロンは安定すると減っていくんですよ。
テストステロンが減る原因は運動不足だとか栄養の偏りだとか年齢とか色々とありますが、実は結婚も大きな理由なんです。

テストステロンは筋トレで筋肉を効率よく増やすために必要ですが、これは古代の狩猟の名残ですね。
今は稼ぎ方も色々ありますが、昔は狩りで獲物を仕留めるのが男性にとって何より重要なことでした。

肉体的にも強くないといけないですし、闘争心も必要ですが、テストステロンはこれらを高めてくれるわけです。
結婚も他の男との闘争なわけですから、テストステロンが多くて強くたくましい男性ほど意中の女性を落としやすいわけですよ。

ところが、結婚して女性が自分のものになる、安定してくるとテストステロンは減っていきます。
テストステロンが減ると、奥さんの方の気持ちにも影響が出るので、家庭で疎まれるなんてことも起こりやすいわけです。

家庭の外でいい感じの女性と関わっているうちに、再びテストステロンが増えてくるなんてこともあり得るので、テストステロンはモテフェロモンであるのと同時に浮気を促す役目もあるんですね。
どうして浮気が発覚するのか不思議に思っている男性もいるかもしれませんが、テストステロンによる旦那の変化を女性が察知することも考えられます。

毎日の繰り返しの仕事以外に新たに何かを始める

少し話が逸れましたが、以前に記事にしたように仕事だってキャリアを重ねるとどうしても同じようなことの繰り返しになりがちなので、お金はもらえるけど退屈に感じる、結果的にテストステロンが減るという悪循環ですね。
毎日が同じことの繰り返しでつまらない、これを男性ホルモン的に考えると別に不思議でも何でもないわけですよ。

スポンサーリンク

この状態を何とかしたいなら、テストステロンを増やすための行動を始めるのが有効です。
仕事そのものにやりがいを感じられるならそれがよいのですが、現実的にそううまくはいかないですよね。

家族がいる人は安易に転職するわけにもいきませんし、つまらなくても現在の仕事を続けざるを得ないってケースが多いと思います。
仕事でモチベーションが上がらないなら、仕事以外のところでテストステロンを分泌するように生活習慣を変えていきましょう。

テストステロンは安定してくると減る、逆に言うなら新しいことを始めればテストステロンの分泌も増えやすいのです。
もちろん、新しいことでもあまりにも合ってなくてストレスばかり感じるなら逆効果です。

テストステロンが減る大きな原因がストレスなので、新しく始める何かは自分が楽しめるものの方がよいのです。

毎日がつまらないならスポーツ系の趣味がよい

楽しむことが最優先ではあるものの、よりテストステロンの量を増やすなら体を動かす趣味の方が効果的です。
運動不足もテストステロンが減る大きな原因で、スポーツをやっているとそれだけでモテやすいのですよね。

さらに、有酸素運動よりも筋トレの方がテストステロンを増やす上では効果的なので、会社帰りにジムに通って筋トレをするのはおすすめです。
テストステロンは先に書いたように闘争と大きく関わっているので、順位がつくようなスポーツを選ぶのも手です。

筋トレのような短時間での激しい運動があまり好みでない人の場合、ゴルフはなかなかよい趣味だと思いますよ。
ゴルフを始める記事でも書いたようにゴルフはお金がかかるので、奥さんが反対するというリスクはあるかもしれませんが、順位を競うゴルフ場でのラウンドはテストステロンを増やす上では有効なんですね。

ゴルフにはハンデがあり、ゴルフ場を回れるくらいのレベルがあれば実力が劣っていても上位を狙えますので、モチベーションも保ちやすいですよ。
一方で、あまりにも肉体的に疲労するとテストステロンは大幅に減り、フルマラソンに出場するのは、テストステロンのことだけを考えると逆効果なんです。

おすすめ記事

まとめ

毎日がつまらないからストレスが溜まる、こんな感じの悪循環に陥っている人こそ、何か新しいことを始めるとよいですよ。
仕事帰りや休日にできる趣味を見つけて、新鮮な感覚を取り戻したいところですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする