脱毛を男子高校生が受けられるのか、親の問題や他のおすすめ方法

この記事は約 7 分で読めますよ。

高校生の男子で、共学に通っているなら女の子の視線をものすごく意識する時期のはずです。
それ自体は別におかしなことではなく普通なんですが、体毛が濃いと妙にコンプレックスを感じますよね。

脱毛を男子高校生が受けてバレないか

毛が濃いと本当に女の子からのウケが悪いんじゃないかって不安になりますし、それなら脱毛をしなきゃいけないんじゃないかって思うのも当然のことです。
ただ、これは男子に限った話ではありませんけど、高校生が病院やエステなどで脱毛をするのは難しいのですよね。

できるかできないかで言えばできるのですけど、大人と比べるとデメリットが色々あるんです。
女性はホルモンの関係で毛がものすごく濃いって人は少なく、脱毛の施術を受けてもバレる恐れってあんまりないんですよね。

ところが、男性だと相当に濃い人も多く、そのような濃い人が脱毛の施術を受けたらバレやすいのは事実です。
こちらの記事で説明していますが、脱毛はレーザー脱毛と絶縁針脱毛の2種類があり、絶縁針脱毛はお金もかかりますし受けられる病院も少ないので、高校生がやるならレーザー脱毛です。

レーザー脱毛は肌に負担をかけるので、施術を受けたら肌が赤くなるなどの変化が表れますが、このくらいならいくらでも言い訳がききます。
それに、レーザー脱毛は何回か施術を受けて毛の量を減らしていくので、一気にものすごく薄くなることもありません。

ただ、レーザー脱毛はその場で毛が抜け落ちるってタイプじゃなく、毛が抜けるまで早くても10日くらい、遅ければ2週間から3週間くらいはかかるんですよね。
力を入れて抜くのは駄目なので、自然と抜け落ちるのを待つのですが、やる場所がヒゲだとやっぱり違和感が生まれやすいんです。

レーザー脱毛でヒゲは柔らかく剃りにくい状態になってるので、そのせいでおかしいと気づかれる可能性はそれなりにあります。
高校生くらいならささいなことで相手をイジったりする機会も多いはずですが、そのことを考えるとヒゲなど顔の脱毛は高校生にとっては危険かなという印象ですね。

脱毛を高校生が受けるなら親の同意が必要

仮に脱毛をした場合の危険性もあるのですけど、まずは脱毛を利用できるかどうかという点が問題です。
脱毛は美容系のクリニックを含めた病院、病院以外のエステやサロンで受けられますが、以前にエステやサロンでの脱毛の問題については記事にしました。

エステやサロンはそもそもやめておいた方がよいのですが、病院でも病院以外であっても親に同意書をもらってそれを提出するのが普通です。
この親の説得をどうするかが問題で、全く同意してくれないというケースもあるはずです。

いくら本人がコンプレックスを感じていても、それが伝わるかはまた別問題なので、反対されるだけで終わるかもしれません。
脱毛は病院でも保険が使えず、大人でもちょっとためらうくらいのお金が必要な場合もあります。

ただ、これは永久脱毛みたいにツルツルにしたり、色々な部位をやるから金額が膨れ上がるのであって、特定の部位に限れば今まで貯めたバイト代やお小遣いでも何とかなるでしょう。
ちなみに、男性専門でレーザー脱毛を扱っているゴリラクリニックの場合、鼻下の5回の施術で36,000円、鼻下と顎と顎下の3つの部位の4年間無制限プランで68,800円です(この記事を公開した2017年7月時点)

スポンサーリンク

ただ、高校生なら欲しいものが色々とあるのが普通なので、その辺りの誘惑を断ち切ってまで脱毛にお金を使えるかはちょっと怪しいかなって感じですね。
一応、親に出してもらうという選択肢もあるのですが、それだと親を説得する時のハードルがさらに高くなります。

高校生の病院での脱毛以外でおすすめは

さらに言うなら、高校生が脱毛の施術を受けたとしても、毛がまた生えてくる場合もあるのです。
レーザー脱毛は特殊な機器を使って一定の範囲にレーザーを照射する脱毛方法ですけど、それでも先に少し触れたように照射したところの脱毛がすぐに完了するわけではありません。

別にこれは失敗ではなくそういうものなのですが、高校生の場合は脱毛に成功した部分でも時間が経過すると毛が再び生えてくるケースがあるんですね。
高校生くらいになるとある程度は体の成長も止まるものですが、それでも成長の関係で毛が生えてくる場合があります。

脱毛がバレるリスク、親に同意書をもらう必要がある、それなりにお金も必要、完全に成長が止まってから脱毛をした方がよい、これらの理由で高校生の脱毛は早いと考えています。
こちらも以前に記事にしたことがありますが、そもそも脱毛をしたからといって極端に周囲の反応が変わるとは限らないんですよね。

周りの反応が鈍いと、どうしても「何で脱毛したのに評価してくれないんだ」的な考えになりがちなので、個人的には女の子受けとかそういうのをなしで脱毛したいと感じた時がベストなタイミングだと思いますよ。
どうしても毛深いのは嫌だと感じているなら、こちらの記事でも書いたようにブラジリアンワックスや脱毛クリームを使って処理するのがおすすめです。

ブラジリアンワックスはガムテープで毛を抜くのと基本的な原理は一緒なのでヒゲなど顔には使えませんし、かなり痛みもあるのですが、腕や足の毛の多さが気になるならぜひ試してください。
痛みが少ない脱毛クリームの方が使いやすいのですが、こちらは剛毛だと効果が期待できないんですよね。

ブラジリアンワックス、脱毛クリームはマツモトキヨシなどのドラッグストア、それにドン・キホーテ、あとはインターネット通販で販売されています。
どちらも肌にはある程度の負担がかかるので、使ってみて肌荒れなどを起こすようならすぐにストップしてください。

おすすめ記事

まとめ

毛が多いと本当に思春期には絶望的な気分になるものですが、脱毛の施術を受けるのはちょっと現実的ではないんですよね。
ブラジリアンワックスや脱毛クリームなどで対策して、少し様子を見ることも必要ですよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする