脱毛で男が恥ずかしいと感じるのはスタッフと周囲の反応が原因

この記事は約 7 分で読めますよ。

女性にとっても脱毛はそれなりにハードルが高いのですが、男性ならさらにハードルが高いんです。
お金など問題点は色々とあるのですが、その中の1つが「恥ずかしい」という感情の問題ですね。

脱毛をする男にとって避けられない恥ずかしいという感情

何に対して「恥ずかしい」と感じるかですが、男性が脱毛で恥ずかしいと感じるのは主に2つです。
1つ目は以前の脱毛の記事でもほんの少しだけ触れましたが、女性スタッフに対して施術してもらうのが「恥ずかしい」という問題ですね。

当ブログではエステやサロンでの脱毛には問題があることを繰り返して述べてきましたけど、あえてエステやサロンのいいところを探すなら、男性スタッフが施術を担当するケースが多い点です。
男性向けのエステやサロンでは男性スタッフが施術を担当するところが増えているので、女性スタッフに施術されるより恥ずかしさの面ではだいぶましですね。

女性受けとかそういうことを全く意識していないけど脱毛を受けたいなんて男性は少ないので、どうしても女性の視線が気になるものです。
ところが、脱毛の施術を担当するのが女性なら、恥ずかしくて改善したいと思っている今の状態を余すところなく見られてしまうわけですね。

これが、腕や足とかなら男性であってもそこまで恥ずかしいとは感じないでしょうし、顔に関してもすでに見られているわけですから同様です。
ところが、普段は隠している脇とか胸、それにへそ周りなどのお腹といった部位の脱毛を女性スタッフにしてもらうのはなかなかの地獄です。

下手をすると恥ずかしさのあまりにトラウマができてしまうかもしれませんので、男性が悩むのも無理はありません。
そのような地獄を避けるためにどうするかですが、いくら男性スタッフが施術をしてくれるといってもエステやサロンは却下でよいでしょう。

男性スタッフが増えてきたとはいっても、まだまだ女性スタッフが施術を担当するエステやサロンも多く、デメリットの方が目立ちます。

スポンサーリンク

脱毛の施術を男のスタッフが担当するところもある

美容皮膚科を含む病院で施術を受けるのが基本ですが、普通の皮膚科であったり、美容皮膚科がある総合病院では高確率で女性看護師が施術を担当します。
男性看護師はまだまだ少なく、そんな貴重な人材が脱毛の施術を担当するケースは極めて少ないでしょう。

脱毛を手がける病院のホームページでは、男性医師の写真が出ているところがよく見られますけど、そのような場合も施術を担当するのは女性看護師が多いんですよね。
皮膚科や総合病院で脱毛をお願いする場合、医師自らが施術するのか問い合わせるのも手です。

病院の中でも主に美容系の治療を手がけているのが美容系クリニックで、男性の脱毛に対応しているところも増えてきました。
美容クリニックであっても男性の看護師はそう多くはないのですが、それでも男性が施術を担当するクリニックはあります。

例えば、男性専門で脱毛や薄毛治療など美容系を幅広く扱っているゴリラクリニックの場合、特定の部位は男性の看護師が対応してくれるんですね。
Vライン、Iライン、Oライン、まとめてVIOラインは女性にとっては非常に重要な部位ですが、このVIOラインの脱毛に踏み切る男性も珍しくはありません。

ただ、恥ずかしさは他の部位よりもかなり強烈なものがあるので、ゴリラクリニックではVIOラインなど特定の部位に限っては男性が担当します。
しかし、顔や脇、腕や足など大半の部位では担当するのが男性か女性か分からず、指名もできません。

VIOラインでも女性が担当するケースが多く、それに比べればはるかに良心的ではあるものの、顔などを脱毛したい人にとってはちょっと厳しいかなという印象です。
そんな中、メンズリゼクリニックは美容系クリニックの中でも珍しく、基本的に男性が施術を担当してくれます。

女性看護師もいるので運が悪いと女性に当たる可能性もあるものの、それでも男性の割合が多い点は魅力です。
ゴリラクリニックと同じく、VIOラインのような特定の部位は必ず男性が施術をしてくれます。

実際には価格や支払い方法、院内の雰囲気などチェックすべき点は多くあるのですが、メンズリゼクリニックのように男性看護師が多いところを選んで脱毛に踏み切るのは有効ですよ。

脱毛をした男に対する周囲の反応が気になる

だいぶスタッフの話が長くなりましたが、脱毛で男性が「恥ずかしい」と感じるもう1つは、脱毛の事実がバレて周囲の反応が変わったらどうしようというものですね。
足とかお腹とか普段は隠れている部位ならともかく、顔のような部位は脱毛したことがバレるのではと不安に感じる人が多いのです。

この記事での病院や美容系クリニックでの脱毛は、少数派の絶縁針脱毛ではなく圧倒的な多数派であるレーザー脱毛を前提としているのですが、レーザー脱毛ならそこまで不安を感じる必要はありません。
最低でも5回か6回くらいは施術を受けないとツルツルにはならないので、毛の量が減ってきたら脱毛をやめるという選択肢もありますよ。

また、美容系のクリニックは名前の通り美容に関して力を入れているので、理想のデザインがあるならあらかじめ相談するのがいいですね。
口ひげは薄く残す感じで顎ひげはツルツルに、みたいな要望にきっちりと応えてくれますよ。

そんな感じに不自然にならないよう事前に準備をしておけますし、開き直って「脱毛したんですよ」と公言するのも有りです。
会社ではひげなどご法度な空気もあり、清潔感のために脱毛したという大義名分も使えるので、恥ずかしくても気にしないというのも有効な方法なんですよ。

おすすめ記事

まとめ

まだまだ男性の脱毛は一般的ではないので、どうしても「恥ずかしい」と感じるものです。
ただ、恥ずかしさを何とかする方法はあるので、コンプレックスがあるなら施術を受けてみるのも手ですよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする