脱毛のために男が毛抜きをするデメリット、効果の薄さについて

この記事は約 7 分で読めますよ。

毛が濃い、これは男性ホルモンの働きによるものなので、男性が毛が濃いのは当たり前なんですね。
ただ、あまりにも毛が濃いとコンプレックスに繋がりますし、ついつい毛抜きをしてしまう男性も多いと思います。

脱毛の男の毛抜きは肌に負担がかかる

実は私もピンセットを使って毛を抜くといったことをやっていたので、気持ちはよく分かるんですよね。
毛が濃い人の場合、鼻下やあご、頬などは毛を毎日剃っても青ひげっぽくなりますし、本当にどうすればいいんだろうって思うものなんです。

剃っても他の人みたいに綺麗には仕上がらない、じゃあ毛抜きで抜いてしまえばいいじゃないかって思うのは仕方がありませんよね。
一時的にはすごく綺麗に見えるのですが、それでもそんな方法を長く続けているとデメリットの方が目立ってきます。

肌への負担がまず挙げられるデメリットで、毛を無理やりに抜くと肌荒れなどを引き起こすのです。
実際に毛抜きで抜いたり、自然に抜けた髪の毛をよく観察した人なら分かるかもしれませんが、毛で一番太いのは表に出ていない根っこの部分なんですよね。

この根っこの部分は毛穴よりも太いので、無理やり引き抜くと周囲の細胞を傷つけるわけです。
そのため、毛抜きを繰り返していると肌荒れに繋がるわけですが、私の場合はよくできものが鼻下にできていました。

病院で診察してもらったわけではないので、他の原因があったのかもしれませんが、やっぱり最も怪しいのは毛抜きですね。
ニキビと誤解するかもしれませんが、毛抜きでできるのは毛嚢炎の可能性が高く、こちらは皮膚に存在するブドウ球菌などの菌類が傷口に感染して起こる病気です。

当然ながらできものができたら痛く、しかもこういう触ったら痛いものってついつい触ってしまうので、たびたび苦しんでいましたね。
あと、私の場合はほとんど起こりませんでしたが、毛を抜いた場合には埋没毛が起こる可能性があります。

皮膚の中で成長するのが埋没毛で、毛が濃い人なら何も処理をしていなくても手や足にあるのではないでしょうか。
私は手や足は毛を抜いたりしていませんが、それでも皮膚に小さな黒丸みたいなもの(ほくろではない)が見られる場合があり、これは軽く毛が埋まっている状態ですね。

普通にできるものは少し引っかけば出てくるのですが、毛抜きでできるような埋没毛は本当に皮膚の奥に埋まる場合があり、最悪の場合は病院で処理してもらう必要があるんですよ。
少々の埋没毛なら、それこそピンセットでかきだすなんて方法もあるのですが、当然ながら皮膚は相当に傷つくので、先に出てきた毛嚢炎などのトラブルに繋がるわけです。

実際のところ、病院で切開するのは非常に稀なケースで、病院に行っても刺激を与えずに様子を見守るのが普通です。
私の場合は、そんな酷い埋没毛はできませんでしたが、それでも起こる可能性がある以上、なるべく毛抜きを避けるのが無難ですね。

男の脱毛にはデメリットも多いが

毛が濃くて困っている、毛抜きはリスクが大きい、じゃあどうすればいいんだと頭を抱えるかもしれませんが、最も確実なのは脱毛に踏み切ることですよ。
脱毛で毛を薄く、あるいは完全にツルツルにしてしまえば、それ以上は皮膚を傷つける心配もありません。

病院、美容系クリニックで一般的なレーザー脱毛にせよ、以前に記事にしたような絶縁針脱毛にせよ、脱毛の施術を受けるなら一時的には皮膚に悪影響は出ます。
レーザー脱毛は、黒色に反応する特殊なレーザーを照射し、毛を育てる毛母細胞を破壊するという仕組みです。

スポンサーリンク

これだけだとイメージがしにくいかもしれませんが、レーザーで火傷に近い状態を意図的に作り出すので、どうしても照射する皮膚にダメージがいきます。
絶縁針脱毛は絶縁針と呼ばれる特殊な針を毛穴にさし、電気を流すやり方なので、皮膚が赤くなったりといったトラブルは起こるのです。

ただ、これらのトラブルは一時的なものなので、最終的に脱毛が終われば毛を抜く必要もなく、皮膚トラブルとは無縁に過ごせるわけですね。
こちらの記事では、メンズリゼクリニック(レーザー脱毛)でひげの脱毛でかかる金額を記載しましたが、決して安くはありません。

そういう意味では脱毛にはデメリットも多いものの、最終的には毛抜きのデメリットを上回ります。

脱毛で毛抜きをしても効果は続かないのが問題

私もやっていましたから分かりますが、鏡を見ながら毛抜きをするのはなかなか面倒で、しかもうまく抜けない毛もあるのでしんどいんですよね。
単純な疲れや痛みがまず問題点ですが、個人的には終わりが見えないという点が最大の難点だと思っています。

確かに、一時的には肌をキレイに見せる効果があるかもしれませんが、いずれはまた毛が生えてきますよね。
髪の毛以外の体毛が大きく減ることはまずありませんし、毛抜きの自己処理で対処するならずっと続けるしかありません。

私はそれに嫌気がさし、脱毛やら抑毛やらを調べ始めましたが、どうしても毛が濃いことが嫌なら根本的に解決するのがいいんですよ。
すでに書いたように金額だったり肌への負担などのデメリットはありますが、それでもお手入れ入らずの肌になれることを考えれば、そこまで割高だとは思いません。

もちろん、安易に手を出せないのは間違いありませんが、脱毛という選択肢があることは頭の隅に留めておいてくださいね。

おすすめ記事

まとめ

毛抜きをしていたなんてことはあまり書きたくはなかったのですが、もしかしたら参考になるかもしれないので書くことにしました。
もし毛抜きをやるなら、どうしてもキレイな感じにしたい時に限定した方がいいですよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする