ロキソニンがドラッグストアで売ってないなら買い方は、薬局の検索も

この記事は約 11 分で読めますよ。

頭痛などの痛みが酷い場合に役立ってくれるのがロキソニンですが、ドラッグストアで手に入らない場合は困りますよね。

どうしてドラッグストアでロキソニンを購入できないことがあるのか、どうやって手に入れるのかなど詳しく解説します。

ロキソニンがドラッグストアで売ってないんだけど?

誤解を招かないために最初に書いておきますが、この記事で「ロキソニン」という言葉が出てきたら市販薬の「ロキソニンS」のことで、処方箋が必要な医療用医薬品のロキソニンのことではありませんので。

こちらの記事では市販薬のロキソニンと医療用医薬品のロキソニンについて比較しているので、ぜひチェックしてください。

売ってないという言い方は正確ではなく、ロキソニンは薬剤師さんがいないと販売できない薬なんですね。

まず、ドラッグストアや薬局などで購入できる医薬品(OTC医薬品)は以下の3つに大きく分けられます。

OTC医薬品の分類
  • 第1類医薬品
  • 第2類医薬品
  • 第3類医薬品

まず第3類医薬品は購入者が希望しない限り説明が不要な安全な薬で、こちらのサロンパスの記事などでも触れているように、普通のサロンパスはこの第3類医薬品ですね(サロンパスEXは第2類医薬品です)

第2類医薬品は第3類医薬品より副作用が強く、薬剤師さんか登録販売者の資格を持った方がいるドラッグストアでないと販売してもらえません(購入者への説明は必要なのですが、努力義務なので実際にはほぼありません)

大半の薬は第2類医薬品なのですが、第1類医薬品は第2類医薬品よりも危険と判断されたもので、こちらは薬剤師さんが危険性などを説明してからでないと販売できない1)第1類医薬品は登録販売者の資格では対応できません。んですね。

ロキソニンは第1類医薬品にあたり、市販されている薬の中では相当に副作用が強い部類です。

ドラッグストアには薬剤師さんが常駐しているようなイメージがあるかもしれませんが、実際には薬剤師さんがいないところって結構多いんですよね。

また、仮に薬剤師さんがいるドラッグストアであっても、休憩時間で出かけているなどの理由で不在なら説明を受けられないので、やはりロキソニンは購入できません。

「ロキソニンが欲しいんですけど」と店員さんにお願いしても、薬剤師さんがいないなら断られるわけですね。

ドラッグストアでのロキソニンの買い方って何に注目すれば?

ロキソニンが近くのドラッグストアで売ってないならどうすればいいかですが、調剤薬局が併設されているドラッグストアでならまず間違いなく手に入ります。

私が住んでいるところから最も近いドラッグストアの場合、コンビニと一体化したようなところで、薬剤師さんがいる雰囲気はありません。

尋ねたことがないので実際のところは分からないのですが、私がロキソニンのような第一類医薬品がほしい場合は少し遠いところにある、調剤薬局が併設されたドラッグストアに行きますよ。

病院の処方箋に対応してくれる調剤薬局があるということは、薬剤師さんが間違いなくいるわけです(ただ、調剤薬局の営業は平日のみといったケースもあります)

ただ、調剤薬局があるかどうかはドラッグストアの外見などからは分からない場合もあるので、あらかじめ調べた方がいいですね。

こちらの「EPARKくすりの窓口」では検索の条件に調剤薬局を加えられるので、近くにある調剤薬局併設のドラッグストアが見つかりますよ。

さらに「EPARKくすりの窓口」ではドラッグストア以外に、病院のすぐ近くにあるような調剤薬局も検索結果に出てきます。

調剤薬局は処方箋をもとに薬を出してくれますが、市販薬を扱っているならドラッグストアのように購入することも可能ですよ。

処方箋をもらった時にお世話になっている調剤薬局でロキソニンが購入できるかですが、こちらは少し厳しいかなという印象です。

ロキソニンが薬局にあるならドラッグストアに行かなくてもいいの?

調剤薬局は市販薬を扱っていない、もしくは扱っていても一部だけってところも多く、ロキソニンがあるかどうかが分からないんです。

必ず薬剤師さんがいるわけですから、ロキソニンを扱っているなら確実に手に入りますが、扱っていなければ無駄足です。

調剤薬局の場所はインターネットで調べられても、市販薬を扱っているかどうかまでは調べられませんので、調剤薬局はちょっと利用しづらいですね。

それこそ電話で尋ねて調べるしかないのですが、かかりつけ医がいるなどの理由でいつも利用する調剤薬局が近くにあるなら、ロキソニンなど市販薬を扱っているかどうかを確認しておくのはいいと思います。

もしロキソニンを扱っている調剤薬局があると分かっているなら、ドラッグストアに行かずにそちらを利用するのも手ですよ。

今はドラッグストアが増えているので、街の薬局というものを見かけなくなったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ドラッグストアみたいにスーパーと医薬品販売を兼ねている店舗ではなく、医薬品を中心に扱っている薬局が昔は多かったんですよ。

私が生まれ育ったところでも、昔はスーパーの近くに薬局があったのですが、調べてみると理容店になっていました。

こんな感じで都会では小さな薬局はあまり見かけないかもしれませんが、ドラッグストアが少ない地域ではまだまだ残っているはずです。

もし、近くに街の薬局があるならそちらを利用してロキソニンを手に入れるのはいい方法ですよ。

こちらの痛風の記事でもロキソニンは効果が期待できると書いたように、痛風発作のような強烈な痛みには役立ってくれるのですが、いざという時にロキソニンがないと非常に困るんですね。

痛風に限らず、強力な痛み止めが必要になる場面がいつ訪れるか分かりませんので、念のためにロキソニンを自宅に常備しておいて損はありませんよ。

ちなみに、すぐに手に入れられるわけではありませんが、ケンコーコムやマツモトキヨシのオンラインショップではロキソニンを購入できます。

(2017/11)追記
この記事を書いた時点では気づきませんでしたが、Amazonや楽天市場などでもロキソニンが買えるようになっています。

どちらも大手で利用者数も多い通販サイトですので、手元にロキソニンがない場合には心強い存在ですね。

インターネット通販でロキソニンを購入する場合、薬剤師さんとのやり取りはなしで、表示される注意書きに同意すれば購入できるというパターンが多いですね。

すぐにでもロキソニンが必要という緊急事態でないなら、インターネット通販で購入するのが確実です。

ロキソニンとバファリンの比較記事でも書いたのですが、ロキソニンとバファリンは併用してはいけない2)風邪薬との併用もダメです。ので、使うなら注意してくださいね。


おすすめ記事

まとめ

頭痛を抱えていると特にですが、どうしてもロキソニンがないと困る場面は意外と多くあります。

手元にロキソニンがあればいいのですが、ない場合は念のために購入できそうな場所を調べておいたり、インターネット通販で取り寄せたりしたいですね。

この記事のポイント
  • ドラッグストアでロキソニンを購入するなら、薬剤師さんから説明を受ける必要あり。
  • 調剤薬局でロキソニンがあるかは分かりづらく、実際に訪れた時に確認したい。
  • 街の薬局、インターネット通販でもロキソニンは手に入る。

注釈   [ + ]

1. 第1類医薬品は登録販売者の資格では対応できません。
2. 風邪薬との併用もダメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする