大根の葉と根の栄養や効能とは、売ってない場合の入手方法も

この記事は約 7 分で読めますよ。

今は年中スーパーで大根が売られているので、旬がいつかってあまり意識しませんよね。
秋から冬が大根の旬で、甘みも増しているので料理でも大活躍するのですが、意外と大根の葉を求める人も多いのです。

大根の葉と根には栄養が豊富

私が子供の頃は大根の葉は料理で使われていなかったと記憶していますが、いつからか栄養素が豊富で健康にいいってイメージがついたんですよね。
大根は大きく3つ、根と茎と葉に分けられますが、葉については大根として売られている部分のうち上部の黄緑色っぽいところから生えているものです。

この黄緑色っぽい上の1/3ほどが茎、残りの白い部分が根であり、根の先端ほど辛く、逆に茎の方は甘いんです。
根の部分にはひげのような根(側根)が生えていて、茎の部分にはこの根は生えていません。

葉の部分は栄養素が豊富なことで知られているのですが、根の部分にはビタミンC、そして食物繊維が多く含まれています。
ゴーヤの記事などでもビタミンCについて書いたように、ビタミンCは美肌効果、抗酸化作用が期待できるので、女性にとっては非常に嬉しい成分です。

そして、根の部分で見逃せないのがアミラーゼで、こちらはでんぷんを分解する消化酵素ですね。
以前のさんまの記事でも大根おろしについて少し触れましたが、大根の根に多く含まれているアミラーゼには発がん物質の生成を抑える働きがあります。

さらに、アミラーゼは解毒作用も持っているので、大根おろしを添えるのは安全性の面でも有効なんですね。
私は子供の頃に大根が苦手でしたが、子供が苦手としている大根の辛味はアリル化合物が原因で、こちらは食欲増進の効果があるんですよ。

スポンサーリンク

ただ、大根の根で栄養素を豊富に含んでいるのは皮なので、皮を取り除いて食べると栄養素の面では劣るんですよね。
あと、アミラーゼは熱に弱いので、ぶり大根とかおでんとかそういう料理に使っても効果はあまり期待できません。

解毒作用や食欲増進を期待するなら生のまま食べるのがよいのですが、根の下の部分は辛味が強いので、生では食べにくいんですよね。
そういう意味では、大根の根の下の方は大根おろしにして食べるのに向いている部位と言ってもよいでしょう。

大根の葉にはこんな効能が

大根の葉の部分は栄養素が豊富ですが、具体的にはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類、それにミネラルが多く含まれています。
ビタミンCの効果は上で説明しましたが、根の部分よりも葉の方がビタミンCが豊富なのです。

ビタミンAもビタミンCと同じく新陳代謝に関係していて、不足すると肌のカサつきなどの症状が見られるようになります。
ただ、ビタミンAは脂溶性ビタミンで、油と合わせると効率よく摂取できるのですが、逆にビタミンCは熱に弱いので油と合わせると駄目なんですよね。

ビタミンEはビタミンAと同じく脂溶性ビタミンで、抗酸化作用を持っているのでアンチエイジングに役立つ栄養素です。
ビタミンAとビタミンEが油と相性がいいので、大根の葉をちりめんじゃこと合わせて炒め物にしたり、チャーハンに入れたりするのがいいですよ。

ビタミンCは割と摂取しやすい栄養素ですし、大根の根の方にも含まれているので、無理して葉を生で食べる必要はないかなと思います。
ミネラルの中で特に多く含まれているのがカリウム、カルシウム、鉄分で、カリウムは不足すると高血圧やむくみを引き起こすので、積極的に摂取して損はない栄養素です。

腎臓が悪い人にはカリウムを食べさせるのは危険なのですが、そうでないなら健康維持に役立ちますよ。
カルシウムは言わずと知れた骨を作る働きがあり、不足するとイライラしたり血圧が上がったりするのです。

日本人はカルシウムが不足している人が多いので、カルシウムを豊富に含んでいる大根の葉はなるべく積極的に食卓に出したい食材ですよ。
鉄分も日本人に不足しているミネラルで、貧血の症状がある人にとってはとても大事な成分です。

貧血は鉄分だけが原因ではありませんが、それでも鉄分は不足しがちなミネラルですから、摂取して損はありません。
ただ、辛味成分のように根の方にしかない成分もあるので、葉だけじゃなく根の方も合わせて食べたいところですね。

大根の葉は売ってないので、野菜直売所へ

このようにとても健康にいい大根の葉ですが、そもそもどうやって入手するのかが問題です。
大根の葉だけを売っているところなどまず存在しないので、何気に入手するのが難しいんです。

スーパーで交渉すればくれる場合もあるのですが、こちらはあまり期待できないと思います。
大根に限らず根菜類は、葉を残しておくと養分がそちらに吸われるので、葉を切り落とすことで根の方の鮮度を保っているのです。

スーパーの店頭に並んでいる大根は、あらかじめ葉が切り落とされた状態で入荷するケースが多いので、交渉してもそもそも葉がないならどうしようもありません。
今は少ないと思いますが、葉をいただけないか交渉するなら八百屋さんの方がいいですよ。

私が住んでいるところから徒歩10分くらいのところにJAがあるのですが、こちらに野菜直売所があります。
野菜直売所がある道の駅も多いですし、このような施設が近くにあるなら葉が切られていない大根を探すのも手ですね。

おすすめ記事

まとめ

大根の葉は健康にいい栄養素もたっぷりですし、手に入ったのならぜひ料理に取り入れてください。
近くで葉が付いた状態で大根を売っているところがないか、チェックしてみるのもいいですよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする