年賀はがきが安い店、値段やネット通販を使った方法についても

この記事は約 7 分で読めますよ。

年末が近づいてくると、年賀状のことを考え始めますよね。
付き合いが少数ならそれほど困らないのですが、付き合いが多い人の場合は費用も結構かかるので、ここは頭を悩ませるポイントです。

年賀はがきが安い店は、郵便局員が持ち込むあの場所

今はSNSがあるので年賀状が不要だと考えている人も多いのですが、それでもすぐに年賀状が消えることなんてあり得ないでしょうから、しばらくは年賀状と付き合う必要があります。
まず、年賀状が売られている場所についてですが、以下のようなお店で扱われていますね。

  • 郵便局
  • コンビニ
  • スーパーマーケット
  • 文房具店
  • ヨドバシカメラやビックカメラといった家電量販店
  • 金券ショップ

あとは、そこまでメジャーではないかもしれませんが郵便局のオンラインショップの「切手SHOP」や、ヤフオクやメルカリなどのインターネットオークションを利用する手もありますよ。
インターネットオークションは格安で落札できる可能性はありますが、逆に高くつくケースもあるので、今回は除外します。

これらのお店のうち安いのはどこか気になると思いますが、まずチェックしたいのは金券ショップです。
私の母方の親戚に郵便局員の人がいたのですが、年末になると年賀状を買い取ってほしいって連絡が来てたんですよね。

郵便局員が知り合いにいなくても知っている人は多いと思いますが、郵便局員はノルマがあるので年賀はがきを一定枚数は売らないといけません。
この辺りははっきり言って狂ったシステムだとは思いますが、このシステムのお陰で金券ショップに年賀はがきが出回るのも事実です。

自分で買い取った年賀はがきを金券ショップに持ち込む(いわゆる自爆営業ですね)郵便局員の人は多く、金券ショップでは年賀はがきは割安で売られています。
割安と言っても年賀はがき自体は1枚が52円(この記事を書いた2017年時点)とそこまで高くはなく、金券ショップでも安くて1枚47円くらいですね。

ただ、年賀はがきはまとめて購入するので、大量にまとめ買いする人ほど金券ショップが役立ちます。
1枚47円で販売されている金券ショップがあり、そこで100枚購入するなら定価より500円、200枚購入するなら定価より1,000円も安く購入できるわけですね。

金券ショップでは10枚ごとのようにセットで年賀はがきを販売するところが多く、バラで買いたい人にとっては不向きです。
あと、金券ショップの難点はクレジットカードが使えない点で、ポイント的にはおいしくありません。

スポンサーリンク

クレジットカードに対応すると、店側はクレジットカード会社に対して手数料を払う必要があるので、利益率が少ない金券ショップはカード払いに対応していないのが普通です。

年賀はがきの値段が安いどころか、無料で手に入れる方法

買い物で得られるポイントを気にしないなら金券ショップがいいのですが、付加価値を気にするなら他の選択肢もありますよ。
今や多くの人が家電量販店のポイントカードを持っていると思いますが、こちらを利用して無料で年賀はがきを購入する方法があるんですね。

私の知る限り、ヨドバシカメラとビックカメラは確実に年賀はがきを扱っていますが、単純に購入する時にポイントで支払えばいいんです。
家電量販店のポイントは、還元率が高いものの場合は普通に支払って、還元率が低いものはポイントで支払うのがお得です。

家電量販店で販売されている年賀はがきって、恐ろしいことにポイント還元がないので、普通に支払ってもポイント面で得がありません(クレジットカードの方のポイントがつくくらいです)
そのため、家電量販店で年賀はがきが販売されていて、ポイントが余っているなら全額ポイントで払うのがいいですよ。

年賀はがきはネット通販でも安いわけではないが、お得

近くにビックカメラやヨドバシカメラがないという人の場合は、それぞれの通販サイトの「ヨドバシ.com」や「ビックカメラ.com」で年賀はがきを購入してください。
それぞれのポイントカードがなくても、通販サイトの方で会員登録すればポイントは貯まるので、ポイントでの支払いはできますよ。

すでに店舗でポイントカードを作っている人の場合、インターネットのアカウントとポイントカードの方を紐付け(ポイント共通化)する必要があるので、まだポイント共通化をしていないならあらかじめ店舗の方で手続きしておきたいですね。
当然ながら通販でもクレジットカードも使えるのですが、通販の場合はそんなに年賀はがきが入荷しない点が問題ですね。

ヨドバシカメラやビックカメラで年賀はがきを売っていることを知っている人はそれなりにいるので、すぐに売り切れる恐れがあります。
近くに家電量販店もない、通販の方をチェックしても売り切れている、こんな場合は上の方で出てきた郵便局のオンラインショップの「切手SHOP」をチェックしてください。

こちらで年賀はがきが売り切れることなどまずないですし、支払いが3万円以下ならクレジットカードが使えるので、クレジットカードのポイントはつきますよ。
何か他のものも購入して支払いが3万円以上になった場合、ゆうちょ銀行の振替払込しか利用できないので、ここは注意したいところです。

「切手SHOP」では5,000円以上の買い物で配送料が無料になるので、100枚くらいのまとめ買いをする場合に向いています。

おすすめ記事

まとめ

年賀はがきは郵便局で買うもの、そう思っている人も多いと思いますが、残念ながらお得ではないんですよね。
金券ショップや家電量販店、それにインターネット通販をうまく使って、年賀はがきを安く購入してください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする