ハロウィンに日本では何をする、イベントやパーティーが選択肢に

この記事は約 8 分で読めますよ。

日本でも定番のイベントになりつつあるのが、10月31日のハロウィンです。
元々は海外のイベントだけに、日本のハロウィンで何をすればいいのか分からなくて、何もしないというパターンも多いのではないでしょうか。

ハロウィンに日本では何をするものなの?

「トリックオアトリート」はハロウィンの代名詞的な言葉でよく知られていますが、ハロウィンは元々は日本のお盆に近いイベントなんです。
死者が霊として戻ってくると信じられていて、死者と一緒に出てくる魔物から逃れるために魔物の仮装をしたんですね。

「同じ魔物の姿をしてれば魔物から襲われないんじゃないの?」的な発想ですが、これが現代のハロウィンの仮装に繋がっているわけです。
本来は身を守るための仮装だったんですが、次第に子供が仮装してお菓子をもらうイベントに変わり、トリックオアトリートという言葉が使われるようになりました。

海外でも地域によってイベント内容は異なるところがあるので、厳密にこれをしなきゃいけないってルールはないんですよね。
考え方はそれぞれではありますけど、日本のクリスマスも海外とはだいぶ異なります(海外では主に家族と過ごす日)し、日本独自のハロウィンってことで好きに楽しめばいいんじゃないかなと個人的には思います。

日本のハロウィンの内容ですが、既存のイベントに参加する、ホームパーティーで楽しむの2つが多いですね。
渋谷でハロウィンイベントが行われているのは有名ですが、マナーの問題などもあって割と賛否が分かれていますね。

この渋谷のハロウィンイベントは仮装、コスプレをして楽しむもので、どこかの企業や団体が主催しているものではありません。
自然発生的なイベントで、それぞれが好きな感じにコスプレして集まるものですから、ルールなしでトラブルが起きるのも仕方がない側面はありますね。

このような自由な雰囲気のイベントも人気がありますが、落ち着いた雰囲気で楽しみたいなら主催者がいるイベントに参加するのがいいですよ。

ハロウィンには日本でもイベントが多く開催されている

どうしてもニュースでは渋谷の方がよく取り上げられるのですが、東京だと原宿でもパレードがあります。
正式名称は「原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレード」で、こちらは子供がメインのイベントですね。

12歳以下の子供とその保護者しか参加できないのですが、子供とハロウィンの仮装を楽しむなら最適なイベントですよ。
あと、東京ディズニーランドでは、ディズニーの仮装限定の「ディズニー・ハロウィーン」というイベントが毎年開催されていて、こちらは年齢による制限もありません。

とりあえず東京の有名なハロウィンイベントを取り上げましたが、全国でハロウィンのイベントはあります。
東京ディズニーランド以外のテーマパークでもハロウィンは定番ですし、他に水族館、美術館、動物園はハロウィンイベントを開催するところが多いので、ぜひチェックしてくださいね。

仮装パレード、仮装コンテストは色々な場所で開催されているので、住んでいるエリアとハロウィンのキーワードでググってみると近場で何かしら見つかると思いますよ。

ハロウィンパーティーでは何をするものなの?

ホームパーティーでハロウィンを楽しむ場合ですが、定番なのがカボチャを使った飾り付けですね。
街中でもよく見かける目、鼻、口があって光っているカボチャ、あれはジャック・オ・ランタンです(ジャック・オー・ランタンなど表記は様々)

由来は西洋の妖怪で、カボチャをくり抜いて中にランタンを入れる照明用の飾りなんですよ。
海外のハロウィンでは、魔除けの意味を込めて玄関にジャック・オ・ランタンを飾る習慣があります(元々はカボチャではなくカブをくり抜いていたのですが)

そこからハロウィンといえばカボチャというイメージが広まったので、日本のホームパーティーでもカボチャは欠かせませんよ。
あとは普段なら気味が悪く感じるコウモリもハロウィンては定番で、飾り付けでよく使われます。

スポンサーリンク

手作りできるなら色々と選択肢が広がるのですが、時間がなかったり手先が器用でなくても心配する必要はありませんよ。
LOFTや東急ハンズでハロウィンのアイテムが販売されているのは有名ですが、ハロウィンが一般的になったからか100均の方でも色々なアイテムが売られています。

ハロウィンと言えば仮装ですので、ホームパーティーに参加する場合は仮装するようにお願いされることもあるかもしれません。
日本のハロウィンでは好きな仮装、コスプレをしてもいいって雰囲気になってるので、基本的には好きな衣装を用意すれば大丈夫です。

ハロウィン用の衣装をどこで購入すればいいか、これはこちらの記事でも解説したのでぜひ参考にしてください。

上でディズニーランドの話題が出ましたが、ディズニーのコスプレは大人子供を問わずに使えますね。

あとは魔女、ドラキュラ、悪魔、ゾンビなどは本場の海外でもよく用いられるコスプレで、日本でも衣装を入手しやすいのでおすすめです。
上の記事でも書きましたが、今後着るかどうか分からないならレンタルをうまく利用するとよいでしょう。

当然ながらホームパーティーでは料理を用意するわけですが、やっぱりカボチャなどハロウィンっぽいものがよく使われます。
ハロウィンのホームパーティーの時によく登場する定番の料理は、以下のようなものですね。

  • パンプキンパイ
  • パンプキンスープ
  • パンプキンケーキ
  • カボチャの形のクッキー

日本でもジャック・オ・ランタンは有名なので、料理の腕に自信があるならカボチャをジャック・オ・ランタン風にするといかにもハロウィンらしい感じに仕上がりますよ。

まとめ

ハロウィンに何かしたいけど何をすればいいか分からない、そんな場合はイベントに行くかパーティーを開催するのがいいですね。
どちらにせよ仮装は欠かせないので、衣装は早めに決めておきたいところです。

おすすめ記事

この記事のポイント
・日本でのハロウィンの楽しみ方は、イベントへの参加やホームパーティーが代表的。
・各地のパレード以外だと、水族館や美術館や動物園でハロウィンのイベントが多い。
・ホームパーティーでは飾り付け、仮装や料理を楽しむ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする