脱毛のメンズの痛みは、医療レーザーで特にきつい部位はどこ

この記事は約 7 分で読めますよ。

脱毛はメリットが多い反面、デメリットも色々とあります。
私達はまずお金の問題を思い浮かべるものですが、何気に大きな問題なのが痛みなんですね。



脱毛はメンズほど痛みを感じやすい

過去に男性向けの脱毛の記事を色々と作ってきましたが、デメリットについての記事もいくつかあります。
火傷や女性受けなどのリスクやデメリットについて説明しましたが、今回は脱毛の痛みがどのくらいつらいかという点ですね。

まず、絶縁針脱毛の痛みについてはかなり強烈だとすでに書きましたが、絶縁針脱毛自体があまり選ばれないやり方です。
それこそ本当に永久脱毛のようにツルツルにしたいならレーザー脱毛より有効なんですが、やはりお手軽なレーザー脱毛の方が選ばれます。

レーザー脱毛の痛みは、針を刺して電気を流す絶縁針脱毛よりはだいぶましですけど、それでも多くの人が痛みに苦しんでいるのも事実ですね。
しかも、レーザー脱毛の仕組みは男性にとっては不利で、女性と比べて痛みを感じやすいんですよ。

レーザー脱毛はメラニン色素、黒いところに反応するレーザーを使って毛の発生源を焼くやり方ですけど、これは黒に近い色にも反応します。
皮膚科にせよ美容系のクリニックにせよ「日焼けは厳禁です」って言われますが、これは日焼けをしていると肌にレーザーが反応するからですね。

女性でも日焼けサロンに通っていたり日焼けしやすい人は危険なのですが、やはり紫外線に気を使う女性よりは男性の方が肌が黒い傾向にあるので、男性の方がレーザー脱毛で肌にダメージがいきやすく、痛みも強いというわけですよ。

脱毛でメンズに医療レーザーを使う場合の真実

痛みがどれくらいなのか、これが最も気になるところなんですが、当然ながら痛みの感じ方はそれぞれ違うので、どのくらいかというのは言葉にできないんです。
以前にこちらの記事では、美容系のメンズリゼクリニックで施術を受けた場合の価格について取り上げましたが、メンズリゼクリニックの公式ホームページでは痛みについて「脱毛は痛い」とはっきりと書かれていますね。

スポンサーリンク

レーザー脱毛は痛くないんですよ、安心なんですよ、みたいな書き方をしているサイトもありますが、レーザー脱毛を手がけているところが「痛い」と明記しているのですから、痛くないなんてまずあり得ないわけです。
痛みにものすごく強いなら平気かもしれませんが、基本的には痛みを相当に感じると覚悟して通院する必要がありますよ。

ただ、病院や美容系のクリニックでは麻酔を使えるので、痛みについてはある程度は減らせます。
しかし、脱毛の施術では注射のように強力な麻酔を使うことはまずなく、麻酔クリームや麻酔テープなどで皮膚の表面の感覚を鈍らせるのが普通ですが、これは毛の内部には効果はありません。

よく男性は女性に比べて痛みに弱いと言われますが、これが本当なら頑張って痛みに耐えないと脱毛は成功しないことになりますね。
よく言われるのが輪ゴムで弾かれた時の痛みですが、レーザー脱毛ではそれくらい痛みがあると思っておいた方がいいですよ。

痛くないだろうと思っていると、予想外の痛みで心が折れて挫折なんてこともあり得るので、痛みは想像よりきついと見積もっておいた方が無難です。

メンズ脱毛で特に苦しい部位とは

レーザー脱毛は全身のどこの場合でも同じ痛さではなく、部位によって痛みの感じ方が異なるんです。
これも人によって痛みの感じ方は違うので断定はできないのですが、多くの人が痛いと感じるポイントはありますよ。

痛みの主な原因は毛に対するものなので、毛が多いところは危険であり、さらに濃い毛が揃っていると相当に厳しいでしょう。
私達のように脱毛をしたいと考えるのは毛が濃いからなので、毛が薄い人と比べると痛みの度合いもきついわけですね。

あと、皮膚の厚み、脂肪の有無も重要なポイントで、皮膚が薄くて脂肪もないところは毛が薄くても痛みは強烈です。
これらの特徴に当てはまっているポイントは誰が施術を受けても痛みを感じますが、具体的にはまず顔ですね。

太り具合にもよりますが、顔はそんなに脂肪がないので、顔のどこであっても痛みは感じやすいのです。
鼻下、あご、ほほなどはメンズ脱毛でも定番ですが、どれも体験談では痛いと書かれやすいポイントですね。

あまりピンとこないかもしれませんが、膝も何気に痛みを感じやすいポイントで、ある意味では顔を上回るかもしれません。
膝は皮膚の下がすぐ骨で、脂肪もほぼ存在しませんから、レーザーによる痛みの影響がもろに来ます。

しかも、脱毛を考えるくらいに毛が多いなら膝の毛の濃さや量も相当なものと考えられるので、痛みは女性の比ではありません。
膝はそこまで脱毛の優先順位が高いところではないので、痛みのことを考えてやめるのも手ですよ。

最近はVIOラインの脱毛も一般的になりましたが、こちらもかなり痛みが酷い部位として知られています。
VラインよりもIラインやOラインの方が痛みがきついので、色んな意味で相当に覚悟してかからないといけない部位と言っても過言ではありません。


まとめ

レーザー脱毛は痛いものだ、これはもっと知られてもいいのではないかと思うんですよね。
毛が少なくなれば痛みも減るので、痛いということは効果が期待できる、それくらいの前向きな気持ちが脱毛には必要ですよ。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする