ゴルフ会員権のメリット、高いなどのデメリットについての話

この記事は約 7 分で読めますよ。

ゴルフ会員権なんて言葉、あまり聞かれませんよね。
バブル時代にはゴルフ会員権の価格が高騰して、バブルが弾けてからはだいぶ価値が下がりましたが、今でも高値で取引されることもあるんです。

ゴルフ会員権にはこんなメリットが

ゴルフ場って会員制で運営されているところが多く、そのゴルフ場の会員と非会員ではフィー(ゴルフでは利用料金はフィーと言います)にだいぶ差があります。
そして、ゴルフ会員権ならではの特徴として、株式のように扱われている点が挙げられますね。

ゴルフ会員権の売買を取り扱っている会社は今でも多いので、お金を出せば多くのゴルフ場の会員権を取得できるのです。
会員権と聞くと店頭やインターネットで申し込むものってイメージがあると思いますが、ゴルフ会員権はだいぶ違いますね。

株式のように扱われているので時期によって価格に差がありますが、ゴルフ会員権の取得にはお金がかかり、さらに年会費も必要です。
それだけのお金を出す価値があるかは重要なポイントですが、ゴルフ会員権を取得するメリットはまずフィーが安い点ですね。

ビジター(非会員のことです)の方がフィーが高いので、何回もそのゴルフ場でプレーしたいのならゴルフ会員権を取得した方がお得です。
あと、これも当然のことですが会員はゴルフ場に予約なしで訪れてもプレーできるのが普通ですね。

よっぽど人気があるところなら事前予約が必要かもしれませんが、いきなり訪れて断られるなんてケースはまずありません。
それに対してビジターは予約を取らないと利用できず、ゴルフ場によっては一見さんお断りのところもあります。

今は「楽天GORA」とか「ゴルフダイジェスト・オンライン」とか、ゴルフ場の予約を取れるインターネットサイトも増えてきたので、昔ほど一見さんお断り的な風潮はありません。
ただ、気軽にゴルフ場に訪れてもいいのは会員ならではの魅力で、あとはスタッフからの対応にも差がありますね。

ビジターの対応が露骨に悪いとかそういうことはありませんが、やっぱり会員は丁寧に扱われます。
価格や予約以外での実用面での魅力を挙げると、ハンディキャップを取得できる点が挙げられますね。

ゴルフにハンディキャップがあることはよく知られていますが、厳密には日本ゴルフ協会のオフィシャルのハンディキャップと、それぞれのゴルフ場独自のクラブハンディキャップがあります。
日本ゴルフ協会主催のトーナメントにアマチュアとして出場するならオフィシャルハンディキャップが必要ですが、どちらのハンディキャップを取得するにせよゴルフ会員権は役立ちますよ(そのコースで最低5回はラウンドしないといけない)

スポンサーリンク

ハンディキャップを取得すればゴルフ場が主催している競技会にも参加できるので、よりゴルフを楽しめるというわけですよ。

ゴルフ会員権は高いので、お得になるかを考えたい

メリットもあればデメリットもあるのですが、ゴルフ会員権のデメリットはやはりそれなりにお金が必要な点ですね。
東京からアクセスしやすい、埼玉県東松山市の川越カントリークラブを例に出しますと、あるゴルフ会員権を扱うサイトで30万円で購入できるとのことでした。

そして、年会費が4万円(会員権の価格も年会費もこの記事を書いた2017年7月現在)なので、安い買い物ではありませんよね。
ちなみにもっと安く、10万円程度で購入できる会員権もあれば、数百万円のものもあります。

東京都稲城市の小金井カントリー倶楽部などは、バブル時代に会員権の相場が4億円を突破していたことで有名ですね。
本当にお金を持っている人ならともかく、我々のような庶民だと高くても50万円くらいのところが関の山でしょうが、それでも負担は大きいので、これがデメリットです。

ゴルフ会員権を購入したのに仕事が忙しくてあまりラウンドできない、これでは高いお金を出して購入した意味がありませんよね。
ある程度は休みが確保されていてゴルフのラウンドに行きやすい、そんな人でないとデメリットの方が大きいと思います。

あとは選択肢が狭まる恐れがあるのも難点で、格安で利用できるゴルフ場があるのに他のゴルフ場でのラウンドに誘われたら、行きづらいですよね。
何とかゴルフ会員権の購入にかかったお金を回収しようと、他のゴルフ場に足を伸ばしにくくなる恐れはあります。

ゴルフ会員権のデメリットにはこんなものも

そしてある意味で最も恐ろしいデメリットはやっぱりお金の問題ですが、ゴルフ場の倒産のリスクですね。
バブル期の日本にお金がものすごく流れていた時代にゴルフ場の建設ラッシュがあって、1990年代後半くらいから倒産ラッシュが始まりました。

ゴルフ場の土地は広大ですから、最近は跡地にメガソーラーの発電所が作られるケースも多いんですよ。
仮に倒産しても、あとを引き継ぐところがあればまだ望みはありますが、本当に廃業したらゴルフ会員権はただの紙切れになります。

とりあえず近くで安いゴルフ場から検索するのは仕方がありませんが、経営が大丈夫かも気にしないといけません。
ただ、ゴルフ人気はいつの時代も一定はありますから、現時点で大丈夫ならそこまで神経過敏になる必要はないと思います。

あと、倒産まではいかなくても、ゴルフ場の経営交代は割と日常的にある話なので、そのせいで会員権の価値が下がるケースも考えられますね。
株式のように扱えるということは、要らないなら売却できるわけですが、購入時の価格よりだいぶ安値で手放すことになるリスクはあります。

おすすめ記事

まとめ

高い買い物なので、ゴルフ会員権を購入するメリット、デメリットは必ず確認してくださいね。それでも、理想的なゴルフ場があるなら会員になりたいって思う気持ちはゴルファーなら誰しもが持つものなので、この辺が悩みどころです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする