タラバガニとズワイガニで美味しいのは、高級度や旬の情報も

この記事は約 6 分で読めますよ。

日本人が大好きな冬の味覚、そう聞いて何を思い浮かべるでしょうか。
候補は色々とありますけど、タラバガニやズワイガニなどのカニは必ず候補に上がるはずです。



タラバガニとズワイガニはどちらも美味しいが、違いはある

イカやタコは海外ではあまり食べる習慣がないのはよく知られていると思いますが、意外にもカニは食べる国が多いんですね。
しかし、それでもカニをよく食べている国としては日本がまず挙がるくらい、日本人はカニが大好きなんです。

私自身は、子供の頃はカニって食べにくい割に癖が強くてあんまり好きじゃなかったんですね。
ただ、大人になってお店でカニを食べたら美味しくて、それ以来カニを食べるようになりました。

カニにも色々な種類がありますが、まず思い浮かぶのはタラバガニとズワイガニ、あとは毛ガニくらいだと思います。
タラバガニとズワイガニは比較されることも多いですが、どちらが好みかは当然ながら好みの問題です。

ただ、個人的には大きく食べごたえがあるタラバガニの方が好きですが、淡白な味なのが難点ですね。
ズワイガニは食べるところはやや少ないですけど、カニならではの甘みが感じられるのが重要なポイントです。

タラバガニはやや味が淡白なところがあるので、鍋のように味付けをして食べるのがよく、逆に味が強いズワイガニは茹でてシンプルに食べるのがおすすめですよ。
好みの問題は明確な結論を出すことはできませんが、実はタラバガニとズワイガニには大きな違いがあるんです。

ズワイガニは十脚目ケセンガニ科に分類されるカニの一種ですが、タラバガニはエビ目ヤドカリ下目タラバガニ科に分類され、実はカニではありません。
ヤドカリ下目ってあるように、実はタラバガニはカニではなくヤドカリの一種なんですよね。

もちろん、言われなければ分からない程度の違いではあるのですが、やっぱりよくよく味に気を配ってみると上に書いたようにタラバガニとズワイガニってちょっと違うんです。
私などはヤドカリであっても特に気にしない方なので実はタラバガニの方が好きなのですが、もしかしたらヤドカリって聞くと駄目だと感じるかもしれませんね。

どうしてヤドカリなのにカニ扱いされているのか、これは名づけられたのが正式に分類されるより早かったからです。
鱈場(魚のタラの漁場)によく生息していて、見た目がカニなので「鱈場蟹(タラバガニ)」と呼ばれてきました。

スポンサーリンク

後々に専門家がよく調べてみると実はカニではなくヤドカリの一種だったことが分かったのですが、すでにタラバガニの名前は一般的になっていたので、名前は変えられることなくそのまま残っているのです。

タラバガニとズワイガニで高級なのは

こう書くとタラバガニの方の印象が悪くなるかもしれませんが、タラバガニとズワイガニを比べると高級なイメージがあるのはズワイガニですよね。
ズワイガニには本ズワイガニ、紅ズワイガニなどの種類があって、本ズワイガニはなかなか食べられません。

紅ズワイガニの方はかなり安いのですが、品質的にはあまりよくないものとされていて、実の量もあまり多くはないんです。
格安でカニが丸ごと売られている場合、紅ズワイガニだったなんて場合も多く、私たちのような庶民にとっては心強い存在ですね。

タラバガニの方はそんなに高いイメージがないかもしれませんが、紅ズワイガニと比べると普通に高級です。
また、タラバガニはロシア産のものが多いので、国産のタラバガニは本ズワイガニに負けず劣らず高級なんですよ。

格安でカニを食べたいなら紅ズワイガニ、それなりに高い(海外産の)タラバガニ、度を越して高い本ズワイガニ(特にブランドものの松葉ガニや越前ガニは相当です)といった感じに大まかに分けられますが、価格以外で注目したい点が1つあります。
カニ味噌って私が子供の頃はグロく感じたものですが、今ではカニ料理に絶対に必要なくらい好きなんですよね。

ただ、このカニ味噌を食べたいならタラバガニでは駄目で、タラバガニにカニ味噌はほとんどありません。
あることはあるのですが、茹でてもカニ味噌ではなく汁のような感じにしかならず、味も期待できません。

カニ味噌を食べたいならズワイガニの方を選ぶしかなく、ここが悩ましいところなんですよね。
実の部分はタラバガニの方が大きくて食べごたえがあるのですが、カニ味噌なら断然ズワイガニです。

価格や実の味だけでなく、カニ味噌の有無も合わせてどちらを選ぶかを吟味してくださいね。

タラバガニとズワイガニの旬は冬なのか

ズワイガニにせよタラバガニにせよ旬は冬ってイメージが強いですが、必ずしもそうとは限りません。
漁場によって旬が異なっていて、日本海で穫れるズワイガニは冬が旬ですが、北海道で穫れるズワイガニは春から夏が旬ですね。

タラバガニの多くは海外産ですが、オホーツク海で水揚げされるカニの旬は春から夏、アラスカのベーリング海峡では冬にしかタラバガニの漁をしてはいけないので、必然的に冬が旬です。
ただ、ズワイガニのうち紅ズワイガニは6月から8月の夏以外はずっと穫れるので、いつが旬かははっきりしないんですよね。

ただ、紅ズワイガニにしても冬に漁獲高が増えるのは間違いありませんから、冬はカニを食べるのに向いている時期であるのは確かですよ。


まとめ

タラバガニとズワイガニって見た目は似ていても、色んなところに違いがあるんですよね。
この記事を参考に、それぞれの特徴をよく知った上で購入してください。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする