すっぽんの健康効果は本当か、滋養強壮など具体的な効能とは

この記事は約 7 分で読めますよ。

すっぽんは健康にいい、そんなイメージがありますよね。
しかし、一方ですっぽんの健康効果って本当なのかなって疑ってしまう気持ちもよく分かります。



すっぽんの効果が本当か怪しんでいるなら

すっぽんが何故か怪しく見えるのは、個人的にはサプリメントが多く発売されているからかなって印象ですね。
サプリメントや健康食品が効果があるのか、ないのか、これはこのすっぽんの記事とはだいぶ離れますし、確かなことも言えませんが、個人的にはやっぱりちょっと怪しいかなって印象ですね。

すっぽんを使ったサプリメントも多いので、そのようなイメージがつくのも仕方がないとも思います。
あとは、漢方でもすっぽんが使われているので、こちらも同様に怪しいという印象を持たれがちですね。

ただ、すっぽんが怪しいというのはあくまで先入観で、実際にはすごく健康に効果的な食べ物なんですよ。
すっぽんの原産国として知られているのは中国ですが、紀元前の時代からすっぽんは中国では食べられてきました。

上で触れたように漢方薬としてもすっぽんは使われていて、当時から健康に効果があると信じられてきたんですね。
すっぽんの栄養素を詳しく見てみると、まず注目したいのは豊富に含まれているアミノ酸です。

体内で使われるアミノ酸は全部で20種類ですが、すっぽんには何とそのうち18種類が含まれているんですね。
アミノ酸の中には体内では作られず、食事で補うしかない必須アミノ酸がありますが、すっぽんは全ての必須アミノ酸が含まれています。

体内で使われるアミノ酸の中で、すっぽんに含まれていないのはアスパラギンとグルタミンの2種類だけですよ。
アミノ酸は新陳代謝に大きく関わっているので、健康維持のためには欠かせない栄養素です。

すっぽんは滋養強壮にいいなんてよく言われますが、滋養強壮とは体をより強くするといった意味合いですね。
滋養強壮といえば栄養ドリンクから男性のイメージがあるかもしれませんが、女性にとっても体をより強くする滋養強壮の効果は役立つんです。

アミノ酸を豊富に含んでいるすっぽんは、まさに滋養強壮にはうってつけの存在と言っても過言ではありません。

すっぽんの効果の滋養強壮に繋がるアミノ酸やビタミンB群

アミノ酸は新陳代謝の活発化をうながすのですが、当然ながら体の内部だけでなく肌にも効果が期待できます。
よくテレビの健康食品のCMでは「コラーゲンたっぷりの~」みたいな言葉が使われていますが、すっぽんにはコラーゲンが多く含まれているんですね。

スポンサーリンク

ただ、コラーゲンを摂取して本当に美肌効果があるのかは意見が分かれていて、効果なしという意見も割と根強いんですよ。
コラーゲンが美肌に役立つかどうかはさておき、アミノ酸が豊富に含まれているすっぽんは美肌効果が期待できる食材です。

さらに、アミノ酸以外にもビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミンB群も豊富に含まれていて、こちらは肌荒れに効果がある成分ですよ。
ただ、ビタミンB群は体に貯めておくことができない成分なので、すっぽんを食べても残念ながら効果が持続するわけではありません。

毎日のビタミンB群の摂取は欠かせないのですが、ビタミンB2は脂質を燃焼させる効果があるんです。
もちろん、食べ過ぎは問題ですけど、ビタミンB2が豊富なすっぽんは他の食材と合わせるのが有効ですよ。

すっぽんを使った料理法と言えばまずすっぽん鍋が思い浮かぶでしょうが、肉類はまず使いません。
すっぽんと肉類は相性が悪く具材は野菜が中心なのですが、それでも雑炊までやるとお腹がいっぱいになりやすいので、ビタミンB2が活躍する余地は十分にありますね。

すっぽん自体は非常にヘルシーでカロリーが低いので、食べ過ぎを抑えれば健康的に豊富な栄養素を摂取できます。

すっぽんの効果や効能を引き出すために適度で切り上げる

他には鉄や亜鉛といったミネラル、それにコレステロール値を下げるリノール酸も多く含まれていて、健康に役立つ食材として使われてきた実績は伊達ではありませんよ。
以前に痛風の記事を書きましたが、魚を丸ごと食べるのは尿酸値が高い人にとっては危険だと言われています。

最近は食事のプリン体摂取はさほど問題がないという意見も多いものの、それでも積極的に食べるのはちょっとためらいますよね。
すっぽんを使った料理って、プリン体が多くて痛風には悪そうというイメージがあるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

すっぽんもそれなりにプリン体は含まれているので、痛風にいいってわけではないのですけど、上で書いたようにコレステロール値を下げる効果などもあるので、そこまで気にしなくても大丈夫です。
こちらもすでに痛風の記事で書きましたが、痛風にはどちらかと言えばメタボ対策の方が重要なので、すっぽんは悪い食事あではありませんよ。

ただ、痛風の気があったり尿酸値が高めの場合は、すっぽん鍋で雑炊までガッツリ食べるのはおすすめできません。
食べ過ぎが健康によくないのは当然ですが、リノール酸も摂取しすぎると逆にコレステロールを上げてしまいます。

リノール酸はファストフードで使われる油に含まれていることもあって、摂取しすぎになりやすいんです。
すっぽんは健康にはいい食材なのは間違いありませんが、あくまで適度に食べた場合のことなので、そこは注意してくださいね。


まとめ

冬の味覚の1つに数えられるすっぽんは栄養素も豊富で、健康維持に役立つ食材なんです。
私たちにとってはなかなか気軽に手が出せないのは事実ですが、食べて損はありません。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする